スポンサーリンク
Useful & Interesting

「never ever」

「never」は「決して~ない」という強い否定を表す言葉。「not」「no」などよりはるかに強い意味合い。「must=have to」と学んだと思いますが、「must」の方がはるかに強い意味合いであり、基本的には使わない方が無難。逆に言えば… 極めて強い気持ちを表現したい時の最終兵器!
Useful & Interesting

「shall」という助動詞

shallを耳にするのは非常に限られており、実際、死後になっているようです… ただし、法律や契約書といった場面では「shall」の独壇場のような… すなわち… 話し言葉や書き言葉では「will」・法律・契約書では「shall」 そんな感じかなぁと思います。
Useful & Interesting

「mind」という動詞

日本語で「ドンマイ、ドンマイ」 これは「mind」の否定命令文「Don’t mind !」。実際に外国人から耳にするのは「Never mind !」の方が多いような… mindは日本語にはない感覚の言葉。回答方法もちょっと注意が必要。「mind」を使いこなせるとなんとなくカッコいいような…
スポンサーリンク
Short Sentences

It’s my pleasure !

2020年東京オリンピック招致における最終プレゼンテーションでも話題となったのが「お・も・て・な・し」。英語では「hospitality」。そして「どういたしまして!」。中学時代に「You are welcome !」を学んだのを覚えていますが、個人的に好きなのは「It’s my pleasure !」。人に喜んでもらえると自分も喜びを感じる。すなわち… お互いが同時に喜びを感じる理想的瞬間☆
Useful & Interesting

一般論を意味する「You」

一般論のYouとは… 自分の主観に加えて「同じ立場に立っていたら誰もが同じ気持ちになるだろう」 そんなニュアンスが含まれている形。たとえば…
Useful & Interesting

「some」と「any」の使い分け

学校では… someは肯定文/anyは疑問文・否定文といった感じで教えられたような… ところが実際には、someが疑問文や否定文にも出現し、anyが肯定文にも登場しているような… そこで、some/anyについて調べてみると… 肯定的期待・否定的期待とは…
Useful & Interesting

「smart」と「cool」

最近はスマートフォンの普及により状況が異なるかもしれませんが、ひと昔前であれば… 「スマート」と聞けば「細い・痩せている」といった意味を思い浮かべたと思いますが… そして「クール」と聞けば… 覚えておきたいのは…
Useful & Interesting

「interesting」と「unique」

interestingとunique。どちらの単語も日本語では「面白い」。では、どう違うのか… ちなみに… 笑いを誘う「面白い」を意味するのは「funny」。ユーモアのある「面白い」を意味する「humorous」。ちなみに、フリーマーケットは「Free Market」と理解している人が多いのではと思いますが…
Lyrics

(Everything I Do) I Do It For You

私がこの歌に出逢ったのは7~8年くらい前。「カッコイイ!」直球勝負!すごくストレートな表現!そして… 「一緒に歩む人生」 そんな意味が表現されているように思います。私は「出来ないものは出来ない」と率直に言うタイプ。逆に言えば、「出来ることは何でもするよ!」 そして、出来ない範囲を可能な限り小さくする意識を持ち併せて… ちょっぴりこの歌とも関係するかも…
Short Sentences

受け答えに便利な英語表現

単に「Yes」「OK」「All right」だけで終わるのではなく、ちょっと付加することで、気持ちがより強く伝わるし、カッコ良くもなる代表的な受け答え表現3つを紹介すると… ちなみに… 「話すトーンは万国共通」だと思います。喜びや怒りなど問わず、日本語を話す際のトーンと同じトーンで話せばより強く気持ちが伝わるはず☆
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました